残念な事に今では極たまにある実例を外して切符販売店でショッピングをしてもクレジットでの支払いが出来る売店など存在しないのです。このためMasterCard、Diners clubなどのギフト券を使った直接でないクレジットカードの手法はたまにしか本当は利用するということができないだと思われます。それだとどういう技術を使えば間接的クレジットカード使用ができるのでしょう?と言われるとその方法とは昨今、ひろく普及している電子マネーというEdy(エディ)、iD、Smart Plus、とかICOCA、VISA Touch、nanacoなど。知らない人も多いが、これらを用いて間接カードを始める事も可能になるのです。Edy、iD、QUICPay、またはICOCA、WAON、nanacoなどはカードで購入する事が可能な金券◇Edy(エディ)、iD、だったりICOCA、WAON、nanacoなどに慣れていない方にとっては自然とレベルが高い印象を思い描く可能性があるかもしれませんがこういう電子マネーというものはいわば普通ののギフト券です。JCB、American Express、Diners clubなどの商品券とまるっきり変わりはないのです。そしてこういう電子マネーという物はクレジットを活用して容易に買い付けする事が可能なのが特徴だったりします。重ねてこのような電子マネーという物は昨今、タクシーを始まりとして、飲食店や多様なお店などなどでも活用可能になってきているようだ。「当店舗の品物の購入にはクレジットはご活用になることができません」といったように表記しているようなお店での支払いでもPASMO、Webmoney、であったりICOCA、VISA Touch、nanacoなどなら用いれる事が少なくないのです(ローンポイントが確実にもらえる)。いわばカードが利用できないお店だとしても間接的にクレジットを実用する手法で、クレジットポイントをもらえる分を得してもらおうというやり方です。普段通り高いショッピングをしてしまうばかりではつかないクレジットポイントであるから、是が非でも活用してみてほしいです。

Copyright © 2002 www.mikediboll.com All Rights Reserved.