数年来、総じてどの自動車損害保険を扱う会社も値上げ傾向にあります。保険が保険料を値上げするということは、直接市民の生活に甚大な打撃を与えてしまいます。しかし、どうして運転者を助ける自動車保険が料金つり上げを実施されるという事態になっているのか、わかりますか?その主要な原因として思い当たる事には大きく2つあるのです。まず第一にお年を召した運転手が年々増加傾向にあることです。マイカーを所有しているのが至極当然の世の中になった故、老齢の運転手も増えています。しかも、日本は高齢化社会を迎えつつあるという趨勢があるので年を追うごとにさらに高齢の運転手が大きく数を伸ばしていく時勢なのは間違いありません。お歳を召した方のであるならば基本的には月々の掛金がお求めやすく設けられているゆえ保険会社にとっては、それほど積極的に勧誘する理由がありません。なぜなら月額の掛金が低額なのにトラブルを処理しなければいけなくなった場合コスト的に割高な補償を支払わなければならないためです。とすると、リスクがきわめて高くなると判断されるため保険会社は保険料金を高額にしていくという手段を取らざるを得ません。さて、2個目の原因は若い世代の車所有への無関心だと考えられます。お年寄りの乗用車所持者は増えている傾向にありますが逆に若者は車というものに対するプライオリティが低くなってきているのが現状です。このような背景には何があるかと言いますと、バスなどの交通機関の発達と金銭的なものです。盤石な職業にありつくことが難しい若い年代が数多くいることから乗用車を手に入れる経済的な余裕がない人も相当数いるのです。その上、以前の考え方であれば乗用車を保有している事が勤め人のステータスと思われていましたが、現在はそういったことがステータスとはとても断言できなくなってきたようです。そのため保険料が高齢者と比較して高額な比較的若い年代の保険申込者が数を減らしているのだと思われます。このようなことが理由となって自動車損害保険会社も保険料引き上げに踏み切っていると考えられます。

Copyright © 2002 www.mikediboll.com All Rights Reserved.