いよいよ投資すると時という段階ではまずは準備を怠ってはならない。

取引を始める前であれば相場を落ち着いて見ることができる余地があります。

だけれども、一回取引の内部に足を踏み入れると、どう試みても考え方が客観性を欠くものになり、時としてしっかりとした判断が出来なくなる恐れが生じる。

それゆえにあなたの頭の中が落ち着いているうちに、間違いない準備する事が大切なのだ。

”準備”のためには、シナリオを作る事から開始します。

今後の相場はこうなってああなるから、この通貨を売買するというような自分だけの筋書きを書いていきます。

次に大事なのは相場を調べましょう。

今までの為替相場の推移を見て今現在の値段をチェックします。

そうしたら、「今日はひどく安いレベルになっている」または「今となっては多くの人が仕かけているからこの後大急ぎでエントリーしても今さら間に合わないな」ということが理解できます。

当然ですがしかけるのが手遅れだなと思ったら何もせず、その場面では諦めることが肝心。

どう工夫しても自身のストーリー展開を貫いて無理に新規エントリーすると市場に跳ね返されてしまい、それどころか損することになるリスクがあります。

もっともたいがいの場合緻密な自らの脚本を思い描いていくと、エントリーが遅いという場面にはならないでしょう。

おそらく、現実にマーケットが変化する前の状況のはずです。

その次にとりあえずはあなた自身が注文しようとしているポジションの推移をじっくりとチェックすることが不可欠です。

仮定として円安になると予想する脚本を考えたのであれば該当する通貨の変化に注目しておきます。

外国為替相場の動きを気をつけ始めたときではその通貨は大きく上下動する雰囲気を見せずわずかな上下動を繰り返しているだけでしょう。

ところが、その変動をしっかりと調べているとある場面で着実に、ドル高の方向へとマーケットが変動し始めます。

このチャンスでやっと、ドルの新規取引します。

一般的に、緻密に準偏をしておけばその注文で勝てる割合は割合高まるはずだ。

Copyright © 2002 www.mikediboll.com All Rights Reserved.